ワイヤー矯正

ここでは、ワイヤー矯正の特徴について詳しく調べてみました。メリット・デメリットや他の矯正方法との違いなどを確かめておきましょう。

ワイヤー矯正とは

ワイヤー矯正

日本で最もスタンダードな矯正方法と言えば、ワイヤー矯正です。「ブラケット」と呼ばれる装置を歯に取り付け、そこにワイヤーを通して歯を少しずつ動かしていく矯正方法になります。

一般的なブラケットは金属製なので装置が目立ちますが、今ではクリアーブラケットという透明な装置もあるので、治療中の審美性も以前より高くなってきています。

ワイヤー矯正には、表側矯正や裏側矯正・ハーフリンガルなどの種類がありますが、裏側矯正やハーフリンガル矯正を選ぶと、より目立たない矯正治療が可能になります。

ワイヤー矯正の特徴

【メリット】

  • 最もスタンダードな矯正法なので症例・実績が多く、対応できる症例範囲が一番広い(インビザラインで不可な症例も治療可能)
  • 治療法がしっかりと確立しているので安心感がある
  • 治療費が他の治療法に比べて最もリーズナブル(表側矯正)
  • 治療期間が比較短期間
  • 一般的には抜歯をするような矯正にはワイヤー矯正が向いているとされる

【デメリット】

  • 矯正装置が目立つ(表側矯正)※ただし、クリアーブラケットやセラミックブラケットなどは目立ちにくい
  • 矯正中は基本的に虫歯になりやすいため、歯磨きに時間と手間をかける必要がある
  • 矯正によって歯根吸収(歯の根が溶ける現象)が起こる可能性がある。歯根吸収の原因は不明。重度の歯根吸収が起こってしまった場合は、矯正治療の中止・歯の連結・固定などの処置が必要になる可能性あり。
  • 表側矯正の場合、スポーツなどの際に装置で口内を傷つける可能性がある

【まとめ】

ワイヤー矯正の中でも一番実績が豊富なのは、歯の表側に装置を取り付ける表側矯正になります。

表側矯正は対応できる症例が多いため、難しい治療の場合は表側矯正を選択するケースが多いようです。

最近では裏側矯正やハーフリンガル、インビザライン(マウスピース矯正)で「目立たない矯正」を希望する方が増えているようですが、これらの治療法だと表側矯正よりも費用が高くなることが多いです。

表側矯正は、治療中に矯正装置が目立ってしまうことが大きなデメリットではあるものの、仕上がりの良さや治療期間が長引きにくい点で優れており、さらに費用面での負担も少ないといったメリットもあります。

また、その他の矯正法よりも治療実績がしっかりしていますから、医師も治療の予測を立てやすく、計画通りに進みやすい点でも安心感があります。

「1、2年くらいは見た目の問題も我慢できる」「接客業ではないので問題ない」「費用も一番安いし、実績ある方法が良い」という方には、ワイヤー矯正、特に表側矯正は良い選択肢となるでしょう。

ワイヤー矯正の治療例

上顎前突の治療

上あごが狭く、全部の歯が歯列に入りきらずに前歯が出ている状態だった。そこで上あごの奥歯を1本ずつ抜歯することで前歯を収めるスペースを確保し、透明ブラケットの表側矯正で治療。

治療半年後には歯のでこぼこも少しずつ解消し、前歯も噛み合うように改善されてきた。

ワイヤー矯正でおススメのクリニックはこちら

・二村医院

(公式サイト)http://www.futamura.or.jp/

歯列矯正診断チャート

【免責事項】

このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。最新の情報を知りたい方は、各歯科・クリニックの公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。