裏側矯正

ここでは、裏側矯正(舌側矯正)の特徴やその他の矯正法との違いについてまとめます。

裏側矯正とは

裏側矯正

裏側矯正とは別名リンガル矯正・舌側矯正とも言われる矯正方法で、名前の通り歯の裏側(舌側)に矯正装置を取り付ける方法です。

見えない部分にのみ器具を付けるので、他人からは矯正していることがわからない点で、他の矯正法よりも精神的負担が少ないところが優れています。治療中の審美性を特に気にされる方には非常におすすめです。

基本的に、表側矯正でできる症例であれば裏側矯正でも対応が可能です。治療期間も表側矯正と同程度とされています。

裏側矯正の特徴

矯正をためらう理由の一つとして、「矯正装置が見えてしまう」ということが挙げられます。

従来の表側矯正では、笑った時などに金属の矯正装置がギラギラと目立ってしまうため患者さんにとっては大きな苦痛でした。ですが裏側矯正では、歯の裏側に装置をつけるので見た目にわかる大きな変化はありません。

【メリット】

「人に気づかれることなく矯正治療ができる」というところが裏側矯正の最大のメリットです。透明のマウスピースを使うマウスピース矯正も目立たない矯正法ではありますが、最も人に気づかれにくい矯正法は裏側矯正と言えるでしょう。

「矯正が終わるまで誰にも指摘されなかった」という方もいらっしゃるようですから、モデルやフライトアテンダントなどの仕事に就いている方でも安心して治療できます。

裏側矯正のメリットとしては、装置が見えない・前歯をひっこめやすい(出っ歯を治すのに適している)・虫歯になりにくい・舌のクセを予防できる・スポーツする時に邪魔にならない(装置で唇を傷つける心配がない)などがあります。

【デメリット】

装置が従来のものよりも割高であるということが唯一のデメリットです。

裏側矯正はオーダーメイドの装置が必要となり、特殊な技術や複雑な作業を要しますし手間もかかります。その分費用は表側矯正やマウスピース矯正に比べると高くなるケースが多いといわれています。(表側矯正の1.2~1.5倍程度の費用)

ただし、より精度の高い装置にすることができるので治療の質は良くなるとも考えられます。

治療初期は口内の違和感や発音のしにくさを感じることもありますが、これは徐々に慣れていくのであまり気にしなくても大丈夫です。

最新の器具ではORMCO社製のSTbという最も小さくて違和感の少ない装置もあるので、より快適に矯正治療ができるようになってきています。

表側矯正よりも審美性に優れ、マウスピース矯正よりも適用症例が多いのが裏側矯正の大きな魅力です。

【裏側矯正で対応が困難な症例】

  • 歯がすり減って短くなっている場合
  • 奥歯を多く失っている場合
  • 下あごが後下方へ回転している患者さんの場合

裏側矯正の治療例

  • 叢生、深い噛合せの患者

噛み合わせが深いため、最初は下あごの歯列のみブラケットを装着し、上あごは約半年後に装着。

1本1本の歯が大きくスペースを確保する必要があったため2本を抜歯。裏側矯正を選択したことで、モデルの仕事を続けながらキレイな歯並びに整えられた。

歯列矯正診断チャート

【免責事項】

このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。最新の情報を知りたい方は、各歯科・クリニックの公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。