セラミック矯正

ここでは、セラミック矯正の特徴や他の矯正方法との違い、治療例などについて調べています。

セラミック矯正とは?

セラミック矯正イラスト画像

セラミック矯正(クイック矯正・補綴矯正ともいう)とは、歯並びを改善したい部分の歯やその隣の歯を削り、歯に被せ物をすることで歯並びを整えたり、歯の形を理想の形にする方法です。実際の歯を動かすわけではないので、厳密には矯正とは言えません。インビザラインやアソアライナー、インコグニート、ハーフリンガルなどが歯列矯正なのに対し、セラミック矯正はあくまで審美治療であることを覚えておきましょう。

一般的な矯正をする場合は数年間にわたる治療が必要なのに対し、セラミック矯正は数か月、早ければ2か月以内に治療が完了します。

セラミック矯正の特徴

セラミック矯正は、その他の矯正方法とは根本的に異なっています。自分の歯を動かす方法ではなく、今ある歯を削って歯の表面に人工歯を貼りつけたり被せたりすることで歯の形や歯並びを整えていきます。

この方法は、治療期間が非常に短期間で済むことと、矯正装置をつける必要がないという点が大きな特徴になります。そのため、「今すぐ歯の見た目をよくしたい」という方には人気のある方法ですが、デメリットも多い方法なのであらかじめ治療の特徴をよく知っておくことが大切です。

【メリット】

  • 治療中は歯を削ったときに仮歯を入れるため、仕上がりの歯並びをその段階で確認することが可能
  • 2カ月程度の短期間ですべての治療が完了する(保定期間もなし)
  • 歯の色も好みの白さにできる

【デメリット】

  • 自分の歯を必ず削らなければいけない
  • 歯の形や位置を変えられる量には限界がある
  • 全体的な噛み合わせの改善は不可能
  • クラウンを使用する場合、健康な歯の歯髄をとってしまう可能性がある。(歯の寿命が短くなる)
  • ラミネートベニアが剥がれたり、クラウンが割れるなどのトラブルが起こる可能性がある
  • 虫歯や根っこの病気になった場合、作り直しが必要になる
  • 加齢などで歯茎が下がってきた場合、人工歯と天然の歯の境目が目立つようになる

【まとめ】

特に、ラミネートベニアが剥がれたり、クラウンが割れてしまった場合の保証がどうなっているのかは契約前によく確認しておく必要があります。

セラミック矯正は自分の歯を犠牲にすることになるため、一般的な歯科クリニックではあまり積極的に勧められることのない方法ですが、審美歯科のある美容外科では取扱いのあるところも増えており、治療にも積極的のようです。

しかし、「治療中の見た目が気になる」という理由だけで矯正をためらうのであれば、今は目立たない矯正方法(インビザラインや裏側矯正など)もあるので、併せて検討してみるのがおすすめです。

なお、治療の流れは下記を参考にしてみて下さい。ラミネートベニアとクラウンの場合では多少違ってくるようです。

  • ラミネートベニアの場合…歯を削る・歯の型取り→ラミネートベニア装着。最短で通院2~3回、期間は約1~2週間程度。※ラミネートベニアは1つ8万円程度が目安
  • クラウンの場合…歯の神経をとる治療・土台の型取り→土台の装着・型取り→クラウンの装着。最短で通院は3~4回、期間は約2~4週間程度。※クラウンは1本12万円程度が目安。土台(コア)は2万程度。

セラミック矯正の治療例】

  • 歯並び・色・形・ガミースマイルの治療

前歯の大きさの違いやデコボコを改善するため、上の前歯10本をセラミック矯正で治療。上の歯の白さに合わせて下の前歯もホワイトニングをし、ガミースマイル(笑った時に歯茎が見えてしまうこと)改善のために歯肉整形術も併用。

矯正装置を使用することなく、短期間できれいな歯並びが実現した。

セラミック矯正でおススメのクリニックは?

・豊田歯科

(公式サイト)http://www.toyoda-dc.com/

歯列矯正診断チャート

【免責事項】

このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。最新の情報を知りたい方は、各歯科・クリニックの公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。