アソアライナー

ここでは、マウスピース矯正のうち、アソアライナーを使った治療の特徴について詳しく解説します。

アソアライナーとは何か?

マウスピース矯正といえばアメリカ発祥のインビザラインが有名ですが、アソアライナーは日本で生まれた比較的新しいマウスピース矯正です。

インビザラインの場合、アメリカのメーカーに患者さんの精密検査の結果を送りマウスピースを作ってもらうことになるので、発注から到着までに長い時間がかかってしまうのがデメリットでしたが、アソアライナーのマウスピースをつくってくれるのは日本国内の技工士さんになります。

より早く歯並びを整えたいと考える患者さんには、相談から治療までの時間が短いアソアライナーがおすすめです。

アソアライナーの特徴

アソアライナーは、治療の段階ごとに歯型を作り直していくので、この点もインビザラインとは異なっています。現状の歯ならびの位置に対して1mm以内の移動幅で次のステップのマウスピースを作成していきます。

段階ごとにマウスピースを作り直すのは通院が面倒、とも思えますが、実際の歯型をきちんと取って作り直すことで、より正確にスムーズに歯を整えていくことができる点がメリットです。

また、費用もインビザラインより安くできるので、コスト面でも優れていると言えます。

ただし、抜歯が必要な場合・大きな不調和がある場合などにはアソアライナーでの治療は困難といわれているので、ケースによってはインビザラインやワイヤー矯正をすすめられることもあります。

インビザラインでもアソアライナーでも対応可能な場合は、アソアライナーを選ぶと費用が抑えられるのでお得です。

アソアライナーの治療の流れ

  1. 初回カウンセリング・相談
  2. 精密検査
  3. 治療計画の説明
  4. 治療開始
  5. 保定…矯正治療が終了したあとは、1~2年程度の保定期間(リテーナー装着)があります。

【治療内容】

1ステップは30日間。厚さ0.5ミリのソフトタイプのマウスピースを10日間、その後0.8ミリのハードタイプのマウスピースを20日間装着。(1日の装着時間は17時間~20時間)

1ステップが終了する前に次のステップの歯型をとって、現状から1mm以内の移動幅になるようにマウスピースを作ります。

治療のポイント】

1ステップで2つの厚みのことなるマウスピースを使うことで、患者さんの状態に合わせて細かい処方ができるようになり、微調整をしながら歯並びを整えることができるそうです。

さらに、少しずつ強制力の強いマウスピースに変えていくことで治療中の痛みを軽減する効果もあるといわれています。

治療は全部で10~15ステップの段階を踏んで歯並びを整えていきます。歯並びが動くシミュレートするアソアライナープログラムによって算出されます。

アソアライナーのおすすめクリニックはこちら

・クリア歯科名古屋院

(公式サイト)http://www.yusinkai-nagoya.jp/

歯列矯正診断チャート

【免責事項】

このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。最新の情報を知りたい方は、各歯科・クリニックの公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。