治療期間は長い?

ここでは、歯科矯正にかかる治療期間や通院頻度について詳しく調べてみました。

治療期間について

子供の矯正治療の期間は骨格問題を含んでいるものもあるので、大体5年くらい、大人の場合は月1回の通院で1~3年くらいが標準的な治療期間といわれています。元の歯の状態やあごの状態、どの程度歯を動かすのかによっても期間は異なりますが、期間が長いほど処置回数も多くなるため、費用も高くなっていきます。

矯正の種類別で見てみると、

表側矯正
(メタルブラケット・セラミックブラケット・デーモンシステムなど)
治療期間1~2年・保定期間1~3年・通院頻度は月1回程度
裏側矯正
(インコグニート・ハーフリンガルなど)
治療期間1~2年・保定期間1~3年・通院頻度は月1回程度
マウスピース矯正
(インビザライン・アソアライナーなど)
治療期間1~2年・保定期間1~3年・通院頻度はインビザラインが約2週間ごと、アソアライナーが約3~5週間ごと
セラミック法 2~3か月(4~5回の通院で治療完了)

ブラケットを使う治療は表側・裏側、どちらも期間は同じくらいですが、裏側からの矯正治療のほうが長期間になりやすいともいわれています。

マウスピース矯正の場合は、前歯の隙間を埋めたいなどの比較的難易度の低い矯正の場合に使われることが多いため、半年くらいで終了するケースもあるようです。

セラミック法での治療の場合は、4~5回程度の通院で治療が完了するのでもっとも短期間・低コストで済みます。

治療・通院期間に合わせて治療法を選びたい方は、上記の点も考慮の上検討してみて下さい。

通院頻度について

仕事で忙しい現代人にとって、約3年もの間通院しなければならないというのは少し大変なようにも思えます。ですがいったん矯正装置を付けてしまえば、4~6週間に1回程度(ブラケットの場合)の通院で済むので思ったよりも負担にはなりません。

そして、矯正装置を外した後は、リテーナーという保定装置を2~3年つけることになります。リテーナーを付けている間は3か月~半年に1回の通院が必要になります。

矯正治療は長期間の治療と治療後のケアが必要になってきますから、きちんと治療計画を立てて臨むことが大切になります。大人の矯正の場合、転勤などによって通えなくなるケースもあるので、あらかじめ転居の可能性があるとわかっている場合は、治療前に歯科医に相談し、転院時の手続きや引っ越し先での治療を引き継いでくれる医院を紹介してもらえるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

大人が矯正を行う場合、2、3年後までの人生設計も考慮して治療開始時期を決めることが大切です。

なお、治療開始時期は特に決まりはなく40代50代の方でも可能とされていますが、できるだけ早い段階で矯正をはじめたほうが抜歯のリスクや移動した歯の後戻りが少なくなるとされています。

小学校低学年~中学年ころに矯正をはじめるのであれば、難易度にもよりますが、大体30万円~50万円程度で済むところもポイントです。

歯列矯正診断チャート

【免責事項】

このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。最新の情報を知りたい方は、各歯科・クリニックの公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。