名古屋の矯正歯科ガイドHOME » 初めての方に矯正歯科のQ&A » 費用の相場は?保険適用は?

費用の相場は?保険適用は?

ここでは、矯正にかかる費用について詳しく調べてみました。矯正治療は保険外の自由診療となるケースが多いため、金額や支払い方法は医院によって異なります。契約前に治療費の総額がどのくらいになるのか、しっかり医院に確認をしておきましょう。

矯正の種類ごとの費用相場

マウスピース矯正 80~110万円程度
インビザライン 20~60万円程度
アソアライナー 80~110万円程度
裏側矯正 100~150万円程度
インコグニート 100~150万円程度
ハーフリンガル 80~120万円程度
ワイヤー矯正 50~100万円程度
セラミック矯正  クラウンの場合は10~12万円、ラミネートべニアは1本8万円程度
インプラント矯正 60~100万円(インプラント手術料1本あたり3~8万円)
抜歯費用 矯正にともなう抜歯は保険がきかないため1本5,000円~1万円程度。ただし医療費控除を受けられる場合は抜歯費用も対象になるので、領収書は保管しておきましょう。

なお、上記の装置・装着費用以外に下記の料金がかかってきます。

★矯正治療にともなう基本料金★

  1. 初診料…2,000円~5,000円程度(無料の場合もある)
  2. 検査、診断料…25,000円~60,000円程度
  3. リテーナー(治療後の保定用器材)…10,000円~60,000円程度

※料金の注意事項

医療機関によって、装置装着料・治療費(チェックや調整料)・保定装置料・保定観察料など、それぞれの料金体系や支払い方法は異なるため各医院での確認が必要。

健康保険はきくの?

美容目的の矯正治療の場合は保険適用外となりますが、「著しい顎の変形で顎の形成手術を伴う場合」「先天性の生まれ持った顎や鼻腔の疾患に伴い矯正治療が必要な場合」などの理由による矯正治療の場合は保険が適用になります。

どのようなケースで健康保険が適用になるのかは、日本矯正歯科学会のHP(http://www.jos.gr.jp/facility/)に詳しく記載があるのでチェックしてみて下さい。国が定める先天性疾患にあてはまるのであれば、健康保険がきくと考えてよいでしょう。

★医療費控除について

医療費控除とは、自分自身や家族のために1年間で10万円以上の医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

上記のように先天的疾患による矯正治療や、子供の成長の妨げにならないように行う歯列矯正など、“社会通念上矯正治療が必要”と認められる場合には医療費控除を受けることができます。

※控除額の計算方法

(1年間の医療費)-(保険金などの受給額)―(10万円または所得額の5%)=医療費控除額(上限200万円)

となるようです。

なお、医療費控除の申請には、確定申告書と一緒にレシートや領収書が必要となります。医院からもらった領収書は捨てないように注意しましょう。

歯列矯正診断チャート

【免責事項】

このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。最新の情報を知りたい方は、各歯科・クリニックの公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。