歯科矯正の流れは?

ここでは、矯正歯科治療の一般的な流れを説明していきます。

歯科矯正の治療の流れ

歯科矯正の治療は、おおまかにいうと「カウンセリング」→「治療」→「治療後の経過観察」という流れで進みます。一般的な歯科医院では下記のような順を追って治療が行われているので参考までにご覧ください。

【ステップ1】初診・カウンセリング(30~60分)

初診時に行うカウンセリングでは、治療の必要性・適切な治療時期・適している治療装置や方法・治療期間や費用についての詳しい説明を受けます。小中学生や高校生の場合は、保護者の同伴が必要になります。

【ステップ2】口内の診察(60分程度)

顔や口腔内の写真・パノラマレントゲン写真・頭部X線規格写真(セファログラム)などを撮影し、診断・治療計画を立てるために必要になる検査を行います。歯の型もこの段階で取るようです。

【ステップ3】治療計画の具体的な説明(30~60分)

レントゲン写真の検査結果や歯の模型をもとに、担当歯科医の診断が行われます。その後、患者さんに合った治療計画や治療費などについて詳しい説明を受けます。それぞれの治療方法のメリットデメリット、治療期間や費用の違いなどをよく確認し、納得できる治療方法を選択しましょう。疑問点や不安点はこの段階でしっかり聞いておくことが大切です。

【ステップ4】治療開始

しっかりと治療内容に納得し契約が済んだら、いよいよ矯正治療がはじまります。矯正装置をつけるタイミングなど、治療の進め方は症状や各医院によって異なります。また、装置をつけた後は虫歯や歯周病を予防するため、歯磨き指導や口腔内のクリーニングが行われます。口の中を清潔に保つため、装置の手入れ法など丁寧に説明してくれる医院が理想です。

【ステップ5】矯正装置の装着・動的治療開始(3~6週間ごと)

矯正治療中は3~6週間に1回程度、通院が必要になります。治療段階によって通院の頻度は異なるようです。予約日にきちんと来院できないと治療計画が遅れることもあるため、スケジュールを確認してしっかり通院するようにしましょう。

【ステップ6】保定(1年半~2年半程度)

矯正装置が取れた後の歯は、そのまま何もしないでいると少しずつ動いてしまいます。そこで、矯正によって動かした歯を支える骨や周辺組織が安定するまでは、保定装置(リテーナー)を装着することになります。

この段階まできたら通院は2~6か月に1回ほどとなり、その後だんだん間隔を開けていきます。

歯列矯正診断チャート

【免責事項】

このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。最新の情報を知りたい方は、各歯科・クリニックの公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。