名古屋の矯正歯科ガイドHOME » 初めての方に矯正歯科のQ&A » 子どもの矯正はどんなもの?

子どもの矯正はどんなもの?

ここでは、子供の矯正について、矯正をはじめる時期や治療内容・期間・料金の目安などを調べてみました。

子供の矯正は何歳から?治療内容はどんなもの?

子供が歯の矯正治療を受ける場合、理想的な年齢が何歳とは、はっきりとは言えないようです。ただし、発達段階によって“一期治療”と“二期治療”に分けて治療が行われているようなので参考にしてみて下さい。

  治療法 時期
一期治療
(骨格矯正)
乳歯の頃や永久歯が生えそろわない混合歯列期の子供。6才くらいから小学校低学年までが目安 上下のあごの骨のバランスや大きさを整え、永久歯がきちんと生えるよう準備をする治療。取り外し式など装置の種類はいろいろあるよう
二期治療
(歯列矯正)
小学校高学年以降。永久歯が生えそろった段階 ブラケットとワイヤーの固定装置を使った本格矯正で治療。永久歯が生えそろい、あごの成長が終わってからでないと歯並びの改善はできない

小児矯正をするメリットは、大人になってからの矯正よりも抜歯をしないで歯並びを整えられるケースが多いこと、歯の後戻りを最小限に抑えられることなどが挙げられます。

上の前歯が下の歯に覆いかぶさっている生え方でない場合など、子供の歯並びが気になったらできるだけ早い時期に歯科医に相談してみましょう(小学校低学年のころに歯科医へ相談し、高学年になった頃に治療を始めるケースが多いようです)。

装置・治療期間・料金の目安は?

矯正装置は、大人の矯正同様に歯の表面に接着するブラケットやワイヤーを使うこともありますが、あごを広げるための「拡大装置」や、上あごの成長を抑える「ヘッドギア」など、子供にあった装置を使うこともあります。

次に子供の矯正にかかる期間ですが、一期治療では10か月~1年半程度、二期治療で1年半~2年半程度が目安とされています。ただし、これも歯やあごの状態によって異なるため、より短くなる場合も長くなる場合もあります。ケースによっては5年程度(一時的な治療を繰り返しながら)の時間を要することもあるようです。

治療費の目安は、一期治療で30万円~50万円程度とされていますが、治療の難易度によって異なります。二期治療では、40万円~60万円程度が相場となるようですが、歯並びの状態によってこれも金額は変わってきます。

成人矯正の場合は100万程度かかることが多いので、子供のころに矯正をしておくほうが費用は抑えることができそうですね。治療期間に関しては、二期治療であれば成人も子供もそれほど変わらないようです。

歯列矯正診断チャート

【免責事項】

このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。最新の情報を知りたい方は、各歯科・クリニックの公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。