名古屋の矯正歯科ガイドHOME » 名古屋の矯正歯科医が教えるお悩み別治療方法

名古屋の矯正歯科医が教えるお悩み別治療方法

歯並びに関する様々なお悩みとその治療法について詳しくご紹介していきます。自分の歯並びのココを治したい!という症状に当てはまるものがあれば参考にしてみて下さい。

歯の症状の原因&それぞれの治療法【矯正歯科医が指南】

出っ歯
出っ歯のイラスト 上の前歯が前に突き出している状態です。出っ歯は人から見ても目立つ歯並びなので、気にしている方も多い症状です。見た目の問題だけでなく、前歯が噛み合っていないことで奥歯の負担が大きくなる可能性もあるため、放っておかないほうがいいでしょう。また、自然に口を閉じることができないので、何かにぶつかった時に前歯が折れたり唇が切れてしまうこともあって危険です。
受け口
受け口のイラスト 受け口は、普通の噛み合わせとは逆になっていて上の歯よりも下の歯が前に出ている状態です。原因には、下あごが大きすぎる・上あごが小さすぎる・歯並びに傾斜がないことなどが挙げられます。受け口をそのままにしておくと食べ物を噛みにくいですし、明瞭な発音ができないといった問題が起こりやすくなります。あごの骨に問題があって受け口になっている場合、骨の成長時期に受け口が悪化することがあるので、子供の時にきちんと治療してあげるのがベストです。
歯並びが悪い
歯並びのイラスト 前歯が互い違いに並んでいたり八重歯があったりして、歯がガタガタに見える状態です。これは主に、あごの骨の大きさと歯の大きさのバランスが悪いことが原因で起こることが多いようです。つまり、あごが小さくて歯が大きいという組み合わせの方は、歯並びが悪くなりやすいと言えます。このような歯並びだと歯磨きが難しくなるため、歯周病や虫歯になりやすくなります。
歯の隙間が空いている
歯の隙間のイラスト 歯と歯の間に隙間ができた状態で、いわゆる「すきっ歯」と言われるものです。歯に隙間があると常に息が抜けてしまうので、サ行・タ行の発音がしにくくなります。他人からも言葉が聞きにくいと言われることがあるため、悩んでしまうお子さんも少なくないようです。
前歯が噛み合わない・噛み合わせが深い
前歯かみ合わせのイラスト 奥歯を噛み合わせた時に前歯が噛み合わない状態だと、食べ物がうまく噛み切れませんし、「さしすせそ」の音を発音しにくくなります。また、噛み合わせが深 く上の前歯が下の前歯を深く覆ってしまう状態もよくありません。下の歯が上の前歯の裏側の歯肉に食い込むようになることもありますし、出っ歯の原因にも なってしまいます。
歯列矯正診断チャート

【免責事項】

このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。最新の情報を知りたい方は、各歯科・クリニックの公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。